チェスのルール


チェスの基本ルール

チェスは2人のプレイヤーが白と黒に分かれ、交互に自分の駒を動かしていくゲームです。

最終的に相手のキングを逃げられなく(チェックメイト)した側の勝ちとなります。


駒の初期配置

チェスでは駒の位置をアルファベットと数字で表します。

左右方向は左端がaで右端がh、上下方向は下端(白側)が1で上端(黒側)が8になります。
例えば左上はa8、右下はh1になります。

チェスの駒の並べ方は下図のようになります。

チェスの初期配置

チェス盤を白側の右下のマスが白になるように置き、白ならd1、黒ならd8(自分の色と同じ色のマス)に自分のクイーンを置きます。

リバーシや囲碁では黒側が先手ですが、チェスでは白側が先手になります。


駒の動き

チェスにはポーンルークナイトビショップクイーンキングの6種類の駒があり、それぞれ動き方に特徴があります。


ポーン

ポーンは基本的に前方へ1マス移動することができます。
ただし、前方に駒がある場合にはそこへ移動することができません。

また、斜め前方に相手の駒がある場合、そこへ移動して相手の駒を取ることができます。

ポーンの移動

特殊な動きとして、初期位置から動く場合に限り、2マス前方に進むことができます。
進路上に駒がない場合に限ります。

ポーンの2歩移動

さらに特殊な動きとして、相手のポーンが2歩移動して自分のポーンの隣に来た場合、その次の手番に限り、相手ポーンの後ろへ移動して相手ポーンを取ることができます。

この動きはアンパサンと呼ばれています。

アンパサン

また、ポーンが相手側の端まで進んだ場合、クイーン、ルーク、ビショップ、ナイトのうち、いずれか好きな駒になる(昇格する)ことができます。
これはプロモーションと呼ばれており、強力な駒であるクイーンに昇格するのがふつうですが、ナイトに昇格することで有利になるケースもあります。


ルーク

ルークは基本的に前後左右の4方向へ他の駒に遮られるまで移動することができます。
移動先に相手の駒がある場合、その駒を取ることができます。

ルークの移動

ビショップ

ビショップは斜め4方向へ他の駒に遮られるまで移動することができます。
移動先に相手の駒がある場合、その駒を取ることができます。

ビショップの移動

ナイト

ナイトは周囲8方向へ他の駒を飛び越えて移動することができます。
移動先に相手の駒がある場合、その駒を取ることができます。

ナイトの移動

ナイトのつづりは「Knight」ですが、頭文字「K」は「King」と同じため、駒名をアルファベットで表す場合、一般的に「N」(kNight)で表されます。


クイーン

クイーンは前後左右及び斜めの8方向へ、他の駒に遮られるまで移動することができます。
移動先に相手の駒がある場合、その駒を取ることができます。

クイーンの移動

クイーンはとても強力な駒なので、ポーンの昇格ではほとんどの場合クイーンが選ばれます。


キング

キングは前後左右及び斜めの8方向へ、1歩だけ移動することができます。
移動先に相手の駒がある場合、その駒を取ることができます。

キングの移動

キングは取られると負けになってしまう、最も大事な駒です。

いかにして自分のキングを守り、相手のキングを攻撃するかということが、勝負の重要なポイントになります。

相手が動かなければ次に自分の駒でキングを取れる状態にすることをチェックと呼びます。
チェックされたキングがどうやっても取られてしまう状態になることをチェックメイトと呼び、チェックメイトされた方が負けになります。

キングとルークが一歩も動いておらず、かつ間に駒がなく、相手の駒からの利き(※もしそこに自分の駒が置かれていたとしたら取られてしまう状況)もない場合、下図のようにキングとルークを入れ替えるような動きをすることができます。

これはキャスリングと呼ばれており、キングを戦場になりやすい中央から遠ざけるとともに、攻撃力の高いルークを中央に持ってくる動作を一手で行うことができる重要な動きです。

キャスリング

特殊なルール

千日手

同一局面が3回現れた場合、手番側が引き分けを選ぶことができます。千日手と呼ばれています。

ステイルメイト

チェックされたキングがチェックから逃れることができない場合、チェックメイトとなりますが、どう動かしてもチェックされていないキングがチェックされてしまう(次の相手の手番でキングが取られてしまう)状況をステイルメイトと呼び、チェックメイトではなく一般的には引き分けとなります。